ページを閉じる
宇宙大豆の旅

宇宙に行った津久井在来大豆の授与式が行われました!

梅雨の合間の6月19日、3月に地球に帰ってきた宇宙大豆のうち、神奈川県の地大豆「津久井在来大豆」が、地元の児童・生徒に手渡される授与式・播種式が行われました。

地元相模原の高校2校、小学校9校の代表者が参加。
山崎直子宇宙飛行士からのビデオメッセージを見た後、宮坂醸造のみ子ちゃんおじさんから代表者に、「あななたたちに栽培実験をお願いします」との任命状が渡されました。
30名の児童・生徒に貴重な大豆が一粒ずつ手渡されると、みんな緊張の面持ちで手のひらに乗せ、ポット一鉢ずつに大事に植えていました。
これから芽が出て、どんな風に成長していくのか、楽しみですね。

この他にも、北海道から沖縄まで、全国のみ子ちゃん農園で授与式・播種式が行われています。
もう緑のはっぱが出ているところもありますよ。宇宙大豆の葉っぱって、どんなかな?
詳しくはみ子ちゃん農園日記を見てくださいね。