ページを閉じる
み子ちゃんアイテムダウンロード

み子ちゃんの歴史

誕生から現在に至るまでの歩みや西原比呂志氏オリジナルのイラストをご紹介します。
赤い着物に黄色いちゃんちゃんこお花の髪飾りがトレードマークの「み子ちゃん」おウチでは、いつも正座で礼儀正しい素朴な女の子。
プロフィール。誕生日:3月5日、年齢:一人でみそ汁が作れる歳、性別:女の子、生みの親:洋画家 西原比呂志氏(1911〜2010)、家族:弟しんちゃん、趣味:信州の野山で元気いっぱいに遊ぶこと。、好きな食べ物:毎日欠かさずに食べてるみそ汁
(初期)1960年頃〜
発売当初と現在のみ子ちゃんの比較

み子ちゃんは、登場当時は名前がありませんでしたが、1962年(昭和37年)にテレビ、新聞で大々的に公募し、約10万通もの応募の中から「み子ちゃん」の名が選ばれました。
1960年初めには「み子ちゃん」と「しんちゃん」の登場するテレビCMが白黒のアニメーションで制作されました。また、「シュッシュポッポ」で始まるCMソングによって「神州一味噌」の名前が知られるようになりました。この歌は、当時数々のヒットを飛ばした大物作曲家、大物作詞家の手になるもので、歌っていたのも、現在も活躍中の大物女性タレントの方でした。

名前公募の賞品となったソフビ人形 1964年(昭和39年)東京オリンピックのみ子ちゃん
み子ちゃんの昔懐かしいCM映像
懐かしのCMギャラリーへ
展示会展示風景写真
(中期)1990年頃〜

お茶の間で広く知られるようになったみ子ちゃん。
1990年代には、西原比呂志氏のイラストが目を引く新聞広告が掲載されました。

新聞広告の掲載
(現代)2000年頃〜

み子ちゃんは、神州一味噌のロゴとしてだけでなく、味噌のよさを伝えるキャラクターとして活躍しています。
ホームページでは、み子ちゃんのイラストがダウンロードできます。

ブランドメッセージ
季節のイベントにちなんだみ子ちゃんイラスト素材
ポストカード・イラスト素材ページへ