ページを閉じる
日本各地で地域の地大豆を栽培しています!み子ちゃん農園日記全国のみ子ちゃん農園で栽培している地大豆の一覧


12月14日に五所川原農林高等学校にて宇宙大豆脱穀式を行いました。

脱穀式では栽培を主導した生物生産科3年の野菜班の方が本年度の
調査株での生育調査と収穫調査について報告してくれました。

全体的には宇宙大豆は地球大豆より収穫量が低くなっていたそうですが、
一部はたくさん莢をつけた株があり、これを来年度栽培研究に
使用するとのことです。

弊社代表の丸も講演を行い、宇宙大豆全体の研究計画や
各地の商品化への取り組みについて紹介しました。
今回、初めて各地の宇宙大豆商品を集めて物産展を行う
「宇宙物産展」について紹介しました。


最後に本年度たくさん莢をつけた株を各学科の代表が脱穀しました。
ここからたくさん莢をつける宇宙大豆ができると面白いですね!

来年の播種まで保管よろしくお願いします。

緑町中学校より「日向大豆」の収穫報告をいただきました。

各地から続々と収穫報告が届いています。
「Space Dream Forum」で発表をしていただいた大豆も
収穫を迎えたそうです。

一部、貝殻虫や莢の中に虫が入っているものもあったようですが、
1つの株から種を30-100個前後採取することができたそうです。

来年度、変異があった個体から採取できた種を栽培して
同じような変化が見られるか注目ですね。

相原高等学校より「津久井在来」の収穫報告をいただきました。

莢数は、1791個も採取できたそうです。

割っている最中に虫が中から出てきたり大変だったそうですが、
下の写真のように綺麗な種を選別してくれました。

これから、乾燥をさせ種子数と重さをデータとしてまとめて
欲しいと思います。

秩父農工科学高等学校から借金なしの収穫報告をいただきました。

順調に育っていた中、台風にあって枝が折れてしまったり、
収穫間際にタヌキと思われる害獣に豆を食べられたりしまうことが
あったり大変だったと思います。

写真からはもうすっかり枝が落ちて茶色い莢がついているのが
わかりますね。

これから乾燥させ大豆を集計するそうです。
集計出来たら、ぜひどのくらいとれたか教えてほしいと思います。

相原高等学校より「津久井在来」の生育報告をいただきました。

莢の色が黄色から茶色に熟れてきていると報告してくれました。

また3、4日の文化祭では津久井在来大豆のあげパンがあったそうです。
宇宙大豆が今後、沢山生産できるようになればぜひ商品化して
欲しいと思います。

秩父農工科学高等学校から借金なしの生育報告をいただきました。

写真では葉もほとんど落ちて、莢が熟すのを待つのみになっていますが、

事件が起きたことを報告してくれました。

台風
にも耐えて収穫を待つのみの大豆を
動物(タヌキ?)に食べられてしまうことが起きたとのことです。

生育観察に使っていたものは網がかかっており、無事だったそうですが
横に種子を増やすために植えていたものが上の写真のような
被害にあったそうです。

一難去ってまた一難ですね。
今月の中旬ごろには収穫できると思うので、
タヌキ対策をして欲しいと思います。

山梨県立農林高等学校よりナカセンナリの生育報告をいただきました。

写真左が宇宙大豆、右が地球大豆です。
以前の報告では病害が起きていましたが、ようやく治まったようです。
現在は葉が落ちはじめ、莢も茶色くなりつつあるとこのことです。

本年度はどのくらいとれるのでしょうか?楽しみですね。
収穫が近づいてきましたが残り期間も生育観察よろしくお願いします。

相原高等学校より「津久井在来」の生育報告をいただきました。

葉が黄色くなってきたとのこと。
莢の中の種子も色が変わってきて枝豆の形から
大豆だとわかるまで変わってきたとの報告をいただきました。

莢の色もそろそろ茶色くなりつつあるのではないでしょうか。
津久井在来は種子が大きいので収穫まで時間がかかりますが
いよいよ収穫がみえてきましたね。あと少し頑張ってください!

五所川原農林高等学校から「毛豆」の収穫報告をいただきました。

播種から21週目、ついに収穫したそうです。


植物体は地球種が宇宙種より小さかったようですが、
対して莢数は地球種が宇宙種よりも多いという生育報告が
ありましたが、最終的にはどうなったのでしょうか?

これから乾燥させて粒の重さや色の違いがあるか
分析して欲しいと思います。

相原高等学校より「津久井在来」の生育報告をいただきました。

報告によると本年度は莢が少なく、大きさも小さいとのことでした。
まただんだんと莢の色が変化し、枯れている様子がみられているとのこと。
本年度の夏は猛暑だったので、莢のつきが全国的に
良くなかったようです。

残りの収穫までの期間、少しでも実入りして欲しいですね。